カテゴリ RA釣行記は、ロッドアートの釣行レポート。
オーナーギャラリーは、皆様から投稿していただいた
思い出の魚を紹介しています。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天
楽天トラベル
RECOMMEND
アマダイ玉砕されました・・・(・ω・`)
category: RA釣行記 | author: ロッドアート
遠州灘の甘鯛釣りもそろそろ終盤。

今日は 豊勝丸さんの 甘鯛乗合に ご老公/亀井さんと 便乗させていただきました。

天気は晴れ 風もさほど吹かず 波は2m後1.5mの予報!!! ( OH〜 今日はがんばるぞ〜〜〜 )

このところ 不調が続いている亀井さん
「 今日は 頑張って 釣らせてももらわないとねえ〜〜〜 」
「 そうですねえ たまたま が 続いているだけでしょうから 今日は大丈夫ですよ・・・ 」
「 そうだといいけど〜〜〜 」
「 そろそろ 甘鯛も終盤ですね もう少しがまんしていれば アカムツが始まりますよ アカムツで 敵を打てますよ・・・ 」
「 そうだ アカムツ があるねえ〜〜〜 」

などなど いつものように たわいもない話をしながら いざ出船! 気合だあっ!

道中 風は そこそこ吹いているけれど、波はさほどでもなく、追い風ということもあり ポイントまでは快適な船旅。
( さあ がんばるぞ〜! )

竿入れ 開始そうそう 同船の御夫婦が 良型 を立て続けにゲット・・・

「 こっちにも 来ますかねえ 」 
「 来てくれるといいが・・・ 」
次は自分の竿に・・・と 二人して釣りに集中。

しかし ・ ・ ・ ・ ・ ・

そんな二人に 待ちに待って やっと来たのは 小ぶりのアマダイ。 これには二人で苦笑い (/ω\*)

「 自分は棚が ボケているみたいで いろいろ試してるんですけど どうですか??? 」
「 同じく・・・ 」

最後まで そんな状態で、 今回の二人の釣果は 小型が 2尾 と 3尾。

「 せめて 1kg 以上のが1つでも 釣れてくれれば 嬉しかったんですがねえ〜〜〜 」
「 今日も ダメだったかあ〜〜〜 残念! 」

( 玉砕食らっちゃったなあ〜〜〜 おろそろ終わりかなあ〜〜〜 )

今回は さみしいアマダイ釣行におわってしまい、大変残念でした・・・玉砕されました・・・

おかず分は なんとかあるので 干物を作ることにします・・・( いやあ しかし 寂しい釣果だなあ〜〜〜 )

次回は深海の予定 ( キンメ行けるかなあ・・・ )
comments(0) | - | - | - | PAGE TOP↑
今日もシーバスフィッシング・・・ 
category: RA釣行記 | author: ロッドアート
最近 海 悪いですねえ・・・沖釣りファンの皆さんはこんな時は、何をしてますかあ???
しっかし もうちょっと天気(海況)なんとかならんですかねえ・・・ヽ(`Д´)ノプンプン

釣りに出れない モヤモヤ感 を なんとかしようと、栄ちゃん と シーバスフィッシング に行くことになりました。 

今回の 潮は中潮 時間帯も 前回シーバスをゲットした時間とほぼ同じ!
夕方 いつものように 栄ちゃん家に集合。 ( 今日も 夕方からだから、ちょっと おやつを買って行こっと(^ω^) )

道中のお店で 特製豚饅なるもの と 普通の肉まん それに コーヒー(微糖)を買って行きました。
( 何が特製なんだろう? 食べたけれど あまり違いがわからなかった気がします? 20円高かったよなあ・・・ )

栄ちゃん家で、おやつ休憩して いざ出陣! ( 今日もがんばるぞ〜〜〜 )

この時期だけの にわかルアーマンの 私の頭の中は 様々な思いが飛び交っていました。
( アタリ でるかなあ??? )
( 人いっぱいかなあ??? )
( この前にがした 黒鯛(たぶん)誰かに釣られちゃったかなあ???) エトセトラ エトセトラ ・・・

思えば 見よう見まねで始めたルアーフッシングですが、最近は 少しづつ いろいろな ことが 分かるようになってきたような気がします! 

なにか 少しでも 見えてくると 面白さも 少しづつ わかる気がして やる気や期待感が 出てくるものです。

また 栄ちゃんが よく面倒を見てくれるので 安心だし、しかも 結構な確率で シーバスやらヒラメやら 釣らせてもらっているので ますますもって のめり込みそうな感じがしてます。

話がそれました・・・

釣りを始めて まもなく 「 ゴンッ」 アタリがきたのですが 残念ながら フッキングせずヽ(`Д´)ノ   

( あ〜あ 序盤は ダメかあ・・・ )

その後 しばらく は まともな当たりはなく、小魚が触ったりする程度で ただただ 無心にロッドを振っていました。

と 栄ちゃんの前で なにやらバチャバチャと水音が・・・正体はコチ!
その後 私は 7,8cmのカレイが引っかかってきて 苦笑い・・・( なっ なんじゃコリャあ )

しばらくして 潮の動きが止まってきた頃 魚が動いたのでしょうか いきなり 「 ゴツン 」  こんどはフッキング。
( あれれ 前の時と同じくらいの重さだけど  暴れないなあ??? )

上がったのは 約58cm。 この前より一回り大きく、体型は丸みを帯びて 腹がポテッとして抱卵していました。

卵があったからか デブかったから 動きが鈍かったのか そのあたりは わかりませんが、以外にすんなり上がってきてくれました。

場所交代をしたあと 栄ちゃんに 黒鯛らしきのが来たようでしたが 目の前まで来て ハリはずれ!
( 前回もあったけど今回もかあ・・・ う〜む クロダイめ! あなどれん! )

その後間もなく 完全に潮がなくなり 終了となりました。

帰りには、来るべきクロダイとの一戦にそなえるべく 栄ちゃんのお店で トレブルフックを購入しました。
( あと何回 来れるかわからないけど クロダイめ 今度はオイラが相手だあ んかかってこんかアい! )

次回は釣行予定は未定です。 ( 海が良ければいいんですが〜〜〜)
comments(0) | - | - | - | PAGE TOP↑
アマダイ今一つ・・・条件が悪いのか・・・(腕???)
category: RA釣行記 | author: ロッドアート

今日は 豊勝丸さんで アマダイ釣りです。

メンバーは ご老公 と 私。 豊勝さんの乗合に便乗させていただきました!

本当は 翌日の予約だったのですが、 船長さんから 「 前日の方が 天気(海)も良さそうだから・・・」と 連絡を頂き 急遽変更に・・・。

確かに 前日の天気図のほうが良さそうで、しかも 翌日では 雨もあるような予報になってしまったから、我々としては大半ありがたいお話。 船長さんに感謝!

釣行当日 港に行ってみると 風もなく 海はすこぶる穏やかな様子。

「 いやあ 船長さんに感謝ですねえ〜〜〜海は穏やかそうだし・・・ 」

「 ホント ほんと ! 明日は 雨があるなんて 予報だったしねえ〜〜〜 」

「 あとは 甘鯛が釣れれば言うことなしですね! 」

「 さあ それは 行ってみないとね・・・ 」

「 確かに・・・」

予定通り出港し、いざ ポイントへ!!!

ポイントに付近でも、やはり海は穏やか。 むしろ 穏やかすぎて アマダイ置き竿派 の我々にとっては 少し厳しい感じ。

( もう少し 波があってくれた方が ありがたいんだけどなあ〜〜〜(´-ω-`)  )

( まあ 時間とともに 風は出てくるだろうから のんびりやりやろっと )

釣り開始後 すぐに 後ろの方に 小ぶりだが甘鯛がヒット・・・ しかし 亀井さんと私にはアタリがこない。

( う〜ん おかしいなあ??? )

棚を変えてみる・・・・来ない・・・仕掛けを変えてみる・・・

ククククっ 小さめのあたり・・・ヒメコダイ・・・どうもしっくりこない。

( なにか 合っていないんだよなあ )

なんとか 3流し目に ようやく チビを一つ。 

その後 少し風が出て 上下の動きが出てきたので 釣れるかなあと思いきや、 上潮の関係もあってか、船がスライドするようになり かえって釣りづらくなってしまった。

( このままだと チビちゃん 1尾で 終わっちゃいそう・・・ なんとかせねば! )

いつもより マメに棚取りをしてみたものの、まだ しっくりこないので 最終手段の持ち竿に変更。 ( アマダイでは滅多に持ち竿にしない派 )

そんなこんなで ようやく2尾目をゲット 今度は少し大きくなりました。

そのあとすぐに ようやく まともなアタリが!( おっ これは そこそこ ありそうな感じ )

上がったのは 1.1kg強 の そこそこサイズ。

その後 持ち竿で頑張ったのですが、ムシガレイ と カサゴが2つ。

なんとも 不完全燃焼の一日になってしまいました。港に着いてみると 他の船も 食いが悪く 苦戦していたとのこと・・・( まあ 条件の悪い日にあたってしまった と 我慢するしかないか・・・ )

次回は 深海予定 海が良いといいのですが・・・

comments(0) | - | - | - | PAGE TOP↑
今年もシーバスに挑戦!
category: RA釣行記 | author: ロッドアート
昨日 一昨日と 随分と冷え込みましたが、今日は 昼間は気温も上がり 風もそよそよ。

仕事をしていて フッと 思い立ち 潮の時間をみてみると 夕方が満潮・・・。
( う〜ん 久々に栄ちゃんに電話してみよっか・・・ ) 

てなわけで 久々に 栄ちゃん と シーバスに行くことになりました。

行きがけ 手土産に 肉まん を あんまん と コーヒーを買って 栄ちゃん家で おやつタイム。

久々だったので、情報交換に花が咲いて、気がついてみると 外は真っ暗。

「 そろそろ 行こっかね! 」
「 そうだねえ〜 」
「 去年のセッティングそのまま持ってきただけだから ハンドル回るかなあ??? 」
「 そうそう こっちも同じく 」

現場についてみると、やはり 冷え込みもさほどなく 風もそよそよ! 時折 ボラ(イナッコ)なのか 水面に跳ねたり 波紋が出ている。

「 なんか 釣れそうな感じがするけど どう??? 」
「 う〜ん 何とも言えないけど クロダイ とか ヒラメ なんかは 来るかもしれない・・・」

下げ潮中盤 黙々とロッドを振るも アタリがこない・・・。

「 どう? アタリあった? 」
「 無い無い! さっき イナッコ かなんかわからないけど ブルルン って あったよ・・・ 」

いよいよ 潮が止まるという時になって、 < ブル・・・ブルルン・・・ググッ! >
どうやら 2回 3回 と ちょっかい出して4回目にかかった様子!

「 Oh〜っ なんか来たよ! 」
( こいつは トルクはあるけど 走らないなあ??? クロかなあ??? )
「 なんか クロっぽいねえ〜〜〜 」

駆け上がりまでは 1回糸が出ただけ でしたが、駆け上がったところで 最後の抵抗なのか 強い引き込み ズルズルと糸が出て また かけ下がったところまで 逆戻り・・・。

 
動きが止まったところで巻き取り開始・・・

ところが 走らせたのが良くなかったのか 巻き取りを再開して ハンドルを数回巻いたところで、ハリ外れ・・・・

「 あー やっちゃたあ・・・ 」
「 掛かりどこが悪かったかなあ 」
「 クロだったとしたら 口が堅いから・・・ 運が悪かったねえ・・・ 」

その後 しばらく 無心でロッドを振るも 反応なし!

いよいよ最後かなあと 言う頃に そよそよ風が吹き出し 表面に流れができてきた・・・( ひょっとして まだ チャンスあるかなあ??? )

後で 栄ちゃんに話をきいてみると 栄ちゃんも( 来るとしたら このタイムングかなあ・・・)と おもっていたらしい。シーバス

ググッ 今度は一発でハリ係! 先ほどのバラしたのと違い 軽い感じだけど よく走る!
( これは 小ぶりだけど シーバスっぽいなあ )

上がってきたのは やはり シーバス。 52cmの小ぶり しかも スマート。

いつものことだけれど、栄ちゃんは ルアー素人の私に いい場所をやらせてくれる。 毎年 1回2回くらいしか 来ない私だけれど 毎回のように 釣らせてもらって感謝 (TдT) アリガトウ

「 お土産できたねえ 」
   
「 毎度毎度 栄ちゃんのおかげですよ!!! 」

というわけで 今回は ルアーフィッシングでした。

次回は深海の予定 さてさて 天気の方はどんなもんでしょう・・・。 


 
 
comments(0) | - | - | - | PAGE TOP↑
強風に泣かされた深海釣り・・・
category: RA釣行記 | author: ロッドアート
年明け2回目の釣行は深海 アコウダイ 狙いです!

本来ならば キンメも狙う予定のはずが、微妙に天気予報が変わってきており(悪い方へ)、今回は 近場のアコウダイ狙い一本になった次第・・・(残念)

メンバーは 朝田さん、杉浦さん、大空さん、私、 隆栄丸船長のお客様3名様 合計7名。

当日朝、港では風がピューピュー。

「 よく吹くねえ〜〜〜 」
「 残念だけど 近場のアコウしかやれないですねえ〜〜〜 」
「 釣れれば どこでも いいよ! 」
「 確かに確かに。。。 」
「 まっ 近場のアコウ場で じっくり時間使ってアコウを狙いましょう!!! 」

予定通り港を出稿したものの、 沖へ進むほど 風も強まり・波も高くなってくる・・・。

( う〜ん 酔わなければいいけどなあ )

船に弱い私は 年末の深海釣りで ゲロゲロ・・・今回は しっかり寝て 体調万全ですが少し心配。

釣り場に到着 準備に入るも やはり 少しこみ上げてくるものが・・・。

( うっ・・・ いかんいかん気合だあ!!! )

1流しめがはじまり、竿に集中 アタリの出るのをまちましたが、どうやらスカ。とにかく 風が強く 竿先が揺れて 微妙な変化が見て取れない状況・・・。

( いやあ しっかし 釣りにくいなあ・・・もう少しでいいから風がないでくれると・・・)

結局 1流し目は 船中でも アコウが2つ顔を見せただけ。

とにかく 風が強く 風との戦い・・・船長も 操船が気ぜわしなかったと思います。 

しかしながら 2流し目からは最終まで、アコウが ポツポツ。 アコウダイ

残念ながら 風で船がふらつくのか、思うように 追い食いさせられず 8尾以上の連釣はなりませんでしたが、2流し目からは 3尾 5尾 7尾 2尾 と お土産には十分。

今 アコウダイは産卵前なので 大変美味しい時期です。 アコウ鍋・煮付け・少し寝かせて お刺身やお寿司・・・

小ぶりだけど これだけあれば いろいろな食べ方だできます・・・ 楽しみ楽しみ!

次回釣行の予定は まだ決まっていませんが 深海もしくは アマダイ になるかと思います。
comments(0) | - | - | - | PAGE TOP↑
2013年 最後の釣行はアマダイで・・・ 
category: RA釣行記 | author: ロッドアート
早いもので 2013年もとうとう最後となりました。
皆様 本年も大変お世話になりました・・・感謝 (TдT) アリガトウ です。

というわけで 12月31日釣り納めを 隆栄丸さんで アマダイ釣りに出ることになりました。

メンバーは ご老公こと亀井さん、 ジャイブ・小山さん、 昨年から沖釣りに参戦のティーチャー・金原さん、
先般キンメダイをわけていただいた杉浦さん(^皿^*●)、 天気の具合で急遽こちらから出船になった井口さん(ご無沙汰でした・・・) そして 私。

合計6人で 2013年最後を 締めくくることになりました。

狙いは アマダイ もちろん 幻のシロアマダイも 狙ってみることに・・・。

昨日夕方の天気予報では 3.0mから2.5m と 結構 きつそう(´д`)


早朝 港では 思いのほか風も静か。
「 これなら 深海も出れたかなあ??? 」
  
「 う〜ん どうでしょう??? 」
「 でも 結構静かですね! 」

予定通り出港し、予定通り釣り開始。

早々に 小山さんが 1KG超えの アカアマダイを! ( じぇじぇじぇ )アマダイ

続いて金原さんにもアタリが来たが 残念ながら 2mを超える ダイナンウミヘビ。( これまた じぇじぇじぇじぇ ) 

私にも アタリが来たが 赤ちゃんアマダイ。_| ̄|○

餌盗りの具合は、集中しているところと、そうでないところがハッキリしている感じ。

ただ 風と波が強まって 細かな竿の変化がわかりづらい。

強風と格闘しながらの釣りで、釣果も ポッツリ ポッツリ。 しかも 序盤早々 船長から例の一言が・・・「 潮が止まっちゃたよおおお 」( あちゃちゃちゃ〜 これは厳しいなあ〜〜〜 )

1尾目から しばらくして 2尾目が来たが これもまた 赤ちゃん _| ̄|○。 3度目の正直と気合を入れ直し、棚をマメにとっていると、コンコンコン! と いい当たり。ホシザメ
( やっと 来たかあ ) と ひと安心したものの どうも引き方がおかしい・・・。  上がってきたのは ホシザメ。 

3度目の正直ではなく、2度あることは3度・・・デシタ。

その後 沈黙の時間が・ ・ ・ ・ ・ ・ ・。

終盤に入り、いよいよシロアマダイ狙い! ( よしゃあ!) 気合を入れ直す。

と 井口さんのロッドが結構な曲がり! ( じぇじぇ〜 もしや シロ??? )

万一を考え タモを準備。 上がってきたのは シロではなかったものの 体高と厚みがある立派なアマダイ。 「 1.2kgありそう!? 」 

この 井口さんの釣ったアマダイが 本日の大物賞! 帰港後 計測してみると 1.3kgオーバーの良型。シロアマダイ

最後の最後で 私にも まともなアタリが・・・。
竿を立てて 聞いてみる。  ズンズンズン と アマダイらしき手応え。

巻にかかり、3mくらい巻いただろうか、いきなり 結構なスピードで 下に突っ込む!
( これは 大きくはなさそうだけれど シロアマダイかな? )

途中 何回か竿を絞り込んでくれた正体は・・・やはり シロアマダイ!

井口さんが竿の締め込みを見て、いち早く察知 タモを用意してくれて 無事にランディング。

やはり シロアマダイ だったが 型は小さめ。 (後の計測でジャスト1kg)アマダイ

帰港後 記念撮影 大物賞の井口さん1.3kg=中央、  小山さん1kg超え=右、金原さん、推定800g

決して華々しい釣果・・・とはいえないものの、強風、潮動かずの 悪条件の中での釣行。 いささか疲れました。 

そんなこんなで、2013年の釣り納めは 無事終了。

いつも釣行に同行して頂いていますロッドオーナーの皆様、そして ホームページをご覧頂いています皆様 本年も大変お世話になりました。
皆々様 良いお年をお迎えください!

新年の釣行予定は まだ 組めていませんが、新春1っ発目は、アマダイ もしくは 深海になると思います。 では 次回をお楽しみに!!!
comments(0) | - | - | - | PAGE TOP↑
今回は<食わせサビキ>不発に終わる・・・
category: RA釣行記 | author: ロッドアート

今回もヒラメ釣り。( 前回の釣果に味をしめて・・・ )

メンバーは ご老公・亀井さん ジャイブ・小山さん 大空さん 私。 隆栄船長の方で3名様 合計7名。

今日の天気は 予報では 晴れで海上の波は 1.5m ヒラメ釣りには絶好の日和。 
前回は好釣果というものの強風で1時間早上がり 後ろ髪を引かれる思いで 切り上げざるを得なかった。( 今日は早上がりはないだろう!!!)

定時集合出発。

ポイントには 遊漁船の他に数隻のプレジャーボート。( さあ〜てと アジは釣れるかなあ??? イナダは回ってるかなあ??? )

釣り開始後 餌用のアジはパラパラ釣れるが、太じかけでは(喰わせサビキ)では 食ってこない・・・( こりゃあ 前回のようにはいかないなあ (・ω・`) )

また アジサビキでも 安物を使った私と まともなサビキを使った 小山さん・大空さんのでは 全く食いが違う。 ( 食いが渋くなるこれからのシーズン、サビキはケチらない方がいいかなあ〜〜〜 )

私のでは 多くても3つ・4つが最高なのに対して、小山さんは ほぼパーフェクトを連発。 大空さんも 少ない時で 3つ4つ。( じぇじぇじぇじぇ〜っ )活性が良い時なら同じ様に 食ってくるのだろうが 今日は 明らかに サビキで差が出てしまった感がある。
あとで知ったことだが、亀井さんは ハリスが太く やはり 食いが悪かった とのこと。

9時少し回った頃だったと思うが、 小山さんがいち早く 泳がせに変更。(小山さんの タルの中には アジが 山ほど・・・ 私の3倍〜4倍はあっただろうか) 切り替え後 ほどなく ヒラメをゲットした。

小山さんのヒラメを見て 私もヒラメ釣りに切り替えたかったが、更に1流しをアジ釣りに費やした。 ( 数匹アジが増えただけだったが・・・ )小山さんに遅れること約30分。 亀井さん・大空さん・私 ヒラメ釣りに変更。

泳がせに変更後 ほどなく 大空さんに当たり! 少し小さめだったが 1枚ゲット。「 これで一安心 」 「 そうですねえ〜〜〜 私も早くつりた〜い 」

続いて私にも待望の当たり。 食い込ませるもへったくれもなく一気に<ググググっ>とハリ係りしてしまった。 ちょうど船長が船を前に出した時だったから、アジが横走りでもして 飛びついてきたような感じになったのでは・・・??? ( でも この方が釣りは簡単! 毎回こんな感じで食ってくれると 楽チン なんだけど・・・ )
  
 

( しかし 今日は青物が少ないなあ??? どうしちゃったんだろう )

右舷 左舷で グループごと乗船したのだが、こちらの舷では 青物はゼロ。 反対舷の方にはポツポツ イナダが釣れていた。ヒラメ

終盤 小山さんが ワニゴチ と ハタ を ゲット。その後 パタパタっとアタリがでるが ちょうど時間となり納竿。

最終私は、ヒラメのみ5つ(内ソゲ2つ) 一番大きいので57cm 小さいのは41cm でした。

帰りに 小山さんに 安納芋をプレゼントしていただきました! <いつもいつもお気遣いありがとうございます!>安納芋

なんでも この安納芋は、ご実家の方の 同級生の方が作られているそうで 大変美味しいお芋だそうです!!! レシピまで頂いてしまい 感謝感謝です (TдT) アリガトウゴザイマシタ!

この場を借りて、皆さんにご紹介させていただきます。
安納芋は ⇒ です。 その下は レシピ ですが、 住所 連絡先が あります

ロッドアートでは安納芋は販売していませんが、購入希望の方は 直接 連絡してみてください。

来週の釣行は未定です。 ( やはり 泳がせでヒラメ・・・かな??? )

comments(0) | - | - | - | PAGE TOP↑
10月最後の釣行ヒラメ釣り・・・イナダの猛攻に・・・
category: RA釣行記 | author: ロッドアート
今日は 10月11日以来の釣行。 アジの泳がせで ヒラメ釣り。 メンバーは 亀井さんと私 隆栄丸船長のお客様が3名。

海は 予報では 2.0m ヒラメ釣りには まあまあ かな(?)
今切れを出たところで 海は こんなカンジ ⇒ 

先般 マクロ撮影をした関係で 撮影モードが ずれていて 暗い画像に なていますが( ^ω^)・・・

予定通り 釣行開始。 まずは アジ釣り!投入後 すぐさま コツコツっ アジの反応。釣れてくるのは10cm前後の 豆アジ。 よく釣れる。

( うーん もう少し大きめが ほしいなあ〜〜〜 このサイズだと 泳がせの針が大きすぎるかなあ??? )

などと 余裕があったのも ほんのつかの間。 一人がイナダを掛けたのを かわきりに 全員が イナダの 洗礼を受けることに。( ありゃりゃ イナダが 集まっちゃったなあ (>_<) )

イナダに ブチブチ 切られながらも、 豆アジが そこそこになったので、 今度はイナダ退治。 仕掛けを 喰わせさアビキ に 変更。 ( さあ この仕掛けでも アジは食うかなあ??? )

・ ・ ・ ・ ・ 。 コツコツコツ!  ( おっ 食った! )と すぐさま ゴンゴンゴン!!! イナダが 食らいつく。    

強引に イナダを回収し 次の投入。 と すぐさまアジが 来るのだが これまた すぐさま イナダに変わる。 ( いやあ こりゃ まいったなあ )隣の 亀井さんも 処理が追いつかず 足元にイナダを転がしながら 別のヤツと格闘!

「 こりゃ 入れ喰いですね 」 
「 いやあ 参った参った 」   と言いながらも ニコニコ。

普段 底物釣りがメインなので、 こういう釣りも 結構たのしい。( ただ 後始末が ちょっと ゚(゚´Д`゚)゚ )

なんとか イナダをかわして ヒラメを釣りたい・・・。そのうち <ガリガリっ> と イナダとも 根がかりとも違う 感触。 ( むむむむっ )

(やっときたかなあ?) その後 2回3回 ブルブル とやって ググ〜ン と 竿が入る! (やったあ これはヒラメだ)。 巻き取りでは 大人しいが 時折 グングングンと 竿を絞り込む。 ( 間違いないなあ )

上がってきたのは 50cmをこえる まあまあサイズのヒラメ。船のあちこち で イナダの猛攻をかわして ヒラメが 顔を見せる。

時折 変わり種で イラ が 来たり シオ(赤ちゃんカンパチ)が来たり。中でも ミノカサゴ には 隆栄船長もびっくり 「 深場で 来るのは珍しいなあ??? 」

記念撮影 パチ (ここでも撮影モードは狂ったまま)⇒ ミノカサゴ

海にお帰り願った。( ふさふさが 綺麗だけど ちょっと怖かった )

と そのうち 風が強まって ヒラメ釣りには 厳しい状態になってきた・・・。

予定より 約1時間早く切り上げ納竿となった。

結局 私は ヒラメ×5つ イナダ×ぼちぼち シオ×1 ミノカサゴ×1

船中 全員ヒラメゲット! イナダもたくさん!!! 中アジ・大アジ ポツポツ。ヒラメ
楽しかったけど あとが (/ω\*)。 ( 一部はキンメ用の餌にしようかなあ )

と いうわけで 今日は一日 イナダ釣り(?)でした・・・

次回の予定は未定・・・ ヒラメ釣り か 深海になると思います。  
comments(0) | - | - | - | PAGE TOP↑
久々の釣行 アカムツ釣り・・・今シーズンは終了かなあ・・・
category: RA釣行記 | author: ロッドアート
今回は久々に アカムツ釣り。

メンバーは 亀井さんに私 船長の方でお客様が4名。 合計6人。

台風の合間の釣行で 海の状態が気になる今日この頃。
予報では 朝は波がありそうだが、次第に凪いでくるらしい。

早朝港では シラス漁の船が 何隻か 氷の積み込みの順番待ちをしていた。
(シラス 捕れてるのかなあ??? 美味しいシラス 手に入らないかなあ・・・)

ほぼ定時に出船し 沖合に出る。 波は2mくらいだろうか・・・今切れ口
(これから凪いでくれれば 悪い海じゃないなあ あとは アカムツが釣れててくれればいいが・・・)

ポイント到着し 船長が潮を見る。表層の流れが 結構速そう・・・。

とりあえず 1流し目。 「 結構 潮がはやいよお!」 と 船長。(こりゃあ 1流し1投 しかできないなあ・・・)

上潮が速い2枚潮らしく 糸が横に持っていかれる。
船長の巧みな操船で、底取りはできるが、頻繁に 糸の角度が変わるため、仕掛けのイメージが今ひとつ沸いてこない・・・。

が、心配をよそに、1投目から 亀井さんに当たり! 今回の私の釣り座からは 亀井さんしか わからなかったが、他の皆さんも アタリが出たらしい。
( う〜ん これは 朝から 爆釣モードかあ!!! )

私にもアタリがきたが、 なにやらやけに大きなあたり ( ありゃりゃ こりゃあ オオニベだ _| ̄|○ )

2流しして 私は オオニベが3つとチゴタラ。 皆さんはというと 2連4連など 型は小ぶりだが、アカムツをとっている。 ( くわ〜っ この差は大きぞお〜〜〜 頑張らねば!
 )

3流し目にして やっと私も アカムツゲット ただし、赤ちゃん級!
( どうせならもう少し大きいと嬉しいんだけど・・・(;´д`)トホホ…)

( よしっ! 今から遅れを取り戻すぞい! o(*・ω・)○気合だー!! )
と 勢い込んだ矢先の出来事。

なっなんと 操業中の フグ縄船の仕掛けと 私の仕掛けが お祭りに・・・。
おまけに 私の糸が切れてくれれば まだ良かったのだが、フグ縄船の仕掛けが 170本以上針を残して ブチっ! 縄の目印のブイを見失ってしまった。

道義上 こちらもブイ捜索のお手伝い。 結果 こちらの船で無事 ブイを発見でき、船長同士 「 わるかったねえ 」 「 ありがと 」 と 円満解決。 

昔 深海釣りで、 底引き船に 仕掛けを まき取られたことあるが フグ縄船とは初めて。
 

随分と時間をロスしてしまたが、 その後 アカムツは ポツポツ。 小ぶりが主だが私も2つ3つ とゲット。

フグ縄船との一件を忘れかけた終盤。 やっとまともなアタリが出て、追い食いをさせたのだが、ここでまた アクシデント。

せっかく 水面まで上げた 2尾のアカムツ が なんと 2尾とも 船べり一歩手前で、ポッチャン。 しかも 2尾とも 元気いっぱい 海底向かって 一直線。

( げえ〜 1尾くらい 浮いて残ってろよなあ〜〜〜 )
怒れるやら、悲しいやら、 「 あ〜 今日はついてない 」 無意識に本音が 口から飛び出してしまった。

なんとか 気を取り直して 最後まで 頑張って トリプル・ダブル と 少しでも序盤の遅れを取り戻すことができた。

結果 私は9尾。 小ぶりが主だが 一番大きいので900g弱( やけに痩せ気味! 産卵期なら 1kg級なのになあ (´-ω-`) ) アカムツ 大にべ チゴタラ

船中トップは 12尾。 最大は残念ながら1kg以上はでなかった様子。 全体的に小ぶりで 今一つの釣果でおわった感がある。
(まあ これで 我々は 今シーズン アカムツは 終了かなあ)
(アカムツくん 今シーズンも 楽しませてもらって ありがとv(*'-^*)-☆!!! 来年も 頼みまっせ!!! 」 

次回は 未定だが 深海 キンメが 良い日があるらしい。

また 泳がせも 今シーズンは ワラサが多いらしく、もちろん波はあるのだが、 日によっては ワラサの入れ喰いタイムが あるらしい。(ファイターが 好きな人にはオススメ! かも)

まあ できるものをやりましょっ と では 次回をお楽しみに。
comments(0) | - | - | - | PAGE TOP↑
良型キンメダイ・・・数が釣れれば・・・
category: RA釣行記 | author: ロッドアート
今日は久々深海・キンメダイ釣り!

メンバーは、朝田さん 小山さん 私 隆栄さんのお客様お一人様 合計4名。

2週間ほど前には、良型キンメの食いが良かったらしいが、今日はどうだろうか???

キンメは <イカ> とか <タチ> なんかと 同じで 「お化け」だから、行ってみないことには わからない。 

昨日 大きな群れがあっても 当日は もぬけの殻・・・なあ〜んてことは よくある話。

( 今日は どうかなあ 群れがあるかなあ? 口を使ってくれるかなあ?? )

不安な気持ちが頭をよぎる一方、うらはらに爆釣の期待感もある。
( 爆釣の期待感はいつものことなのだが・・・ )

今日は 出港も早め、まだ暗いうちから港に集合。
( いやあ しかし 明けるのが遅くなったなあ )

人数が少なめなので、早々に準備完了! 出港となった。
( ワクワク ワクワク 早く 釣りがしたいなあ )

ポイント到着! 追い風も手伝ってか 少し早目の到着だったように思う。
少し風がある。 波気もそこそこ。( 深海釣りでは普通程度の波気 )

「 皆さん 準備いいですかあ〜〜〜 」 船長
「 いいですよ〜〜〜 」 皆

( さあ いよいよ期待の第1投目 )

順次投入・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

着底直後  クンクンクンクンッ!  ( やったあ! キンメのアタリだあ! )
しかも 追い食いもしている!

早々に巻き上げに入るが、結構テンションがかかっている。
( やけに重いなあ? 追い食いはしたけれど 数はそんなについてないと思うけれど・・・ )

やはり 上がってきたキンメは 結構 型が良い! 数は 11尾。
( いやあ 1投目から幸先がいい )
2投目 も 9尾 ついており、型がいいので 既にクーラーが重い。
キンメダイ
しかし 3流し目から キンメのアタリがガクッと落ちてしまった。
( これで 数が釣れればなあ・・・いつもの事とはいうものの ちと悔しい ) 

結局 キンメ4流し アコウ・キンメ2流し。

キンメは 数匹から29尾 アコウは 大きいのが3kg級 だが 0から2尾

ちなみに 私は キンメは29尾と 珍しく釣らせてもらったが、アコウは0尾。(トホホホ 上手くいかないものだ・・・)

爆釣とはいかなかったが、キンメの型はまあまあ! ( 大きいので1kgちょっと )
( キンメ自体は もっと大型のものがいるが、この辺りでは十分なサイズ )

いつもなら 朝田さん 小山さんには 太刀打ちできないのだが、今日は場所(釣り座)が良かった。( たまには こういうこともないと 面白くない! )
今日は ベテランの諸先輩方を差し置いて キンメを釣らせていただき、ちょっと嬉しい( いや だいぶ嬉しい )

帰って 大きいのをユビキにしたが、 脂こってり と いうほどではないが、甘味があって すこぶる美味!!!

次回もキンメ釣りにいきたいと思っているが、他の釣り物も面白そう・・・。
( 毎年のことだけれど この時期は いろいろやりたくて困ってしまう )

さあ 次はなに釣りにしようかなあ〜〜〜 
comments(0) | - | - | - | PAGE TOP↑
new old
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH